元気回復堂
慢性腰痛でお困りのあなた。あなたの気持ちに寄り添いながら、その辛い腰痛からあなたを3ヶ月で解放し、もう痛まない腰に変わる施術をご提供する、三島腰痛治療の元気回復堂です。

精神的に追い詰められている若者達

GBD2010(2010年の世界の疾病負担研究)から明らかになった
最も厄介な傾向の一つは、史上最多の自殺が主因となり、
日本の若者が危険にさらされているということです。

2010年において、15~49歳の日本人の死亡の約27%が
自殺によるもので、1990年の16.5%から上昇しました。

これは世界中のどこよりも高い値で、自殺は日本人の若者の
第一位の死因となっています。

うつ病や不安神経症といった関
連危険因子も、若い世代の間で増加傾向にあります。

このデータは8年前のものです。
それでは8年後の現在、若い世代の自殺は
減っているのでしょうか?それとも増えているのでしょうか?

厚生労働省が今年の6月19日に発表した「自殺対策白書」によると
15~39歳の各年代の死因の第1位は「自殺」です。
なかでも、死因に占める自殺の割合が高い年代は20~24歳が48.1%、
次に25~29歳が47.0%でほぼ5割。
15~39歳で死因の第1位が自殺となっているのは、
主要7カ国の先進国では日本だけということです。

先日報道された仙台の交番襲撃事件、6月におきた
新幹線殺人事件、これらの事件の容疑者も
死因に占める自殺率の高い年代です。

彼らをここまで追いつめる要因は何でしょうか?


?Gg[???ubN}[N??